hololens体験してきました!


おはようからおやすみまで

暮らしを見つめる

ぴーやちゃんです。

先日、9月8日(金)に
東京・大手町フィナンシャルシティサウスタワーにて開催された
「VR/AR/MR ビジネスEXPO」に行ってきました。

DBJキャピタル株式会社さんと株式会社Moguraさんの共同主催のイベントでした(´˘`*)
様々な企業さんが体験展示を行っていて非常に楽しくな魅力なビジネスEXPOでした!

中でも

一際

心躍った

hololens!!!!

※サイボーグみたい( ˙ө˙)

ブースを出展していたマイクロソフトの担当の方に
これはMRなんですか?ARなんですか?VRなんですか?
とお尋ねしたところ

「各メディアなどでいろいろな意見がありますが、明確な区分は難しいですね。
AR技術◯◯割、VR技術◯◯割のパーセンテージでMRなど、明確に数値化されているわけではないので・・・」

とのこと。

わかります!
個人的には、厳密にいうとMRの技術領域において
AR、VRどちらの技術要素も使っていると思います。

もういっそ細かいカテゴライズはやめて
XRで統一しちゃだめですかね?
だめですか?

さて、話題のhololensですがこのレンズの部分にPCが内臓されており、
ジェスチャーと視線、音声を使って操作ができます。
マウスいらない!キーボードいらない!
※2017年5月のアップデートでBluetoothの入力もサポートされてるみたいです。


(画像:マイクロソフト社 公式サイトより)

個人差はあると思いますが、
ぴやちゃんさんにはHMDがちょっとゆるかったです・・・・

使う主なジェスチャーは以下の通り!

・Bloom(ブルーム):
スタートメニューを開くときに使う動作です!
手のひらを上にしてつぼみのような形を作り、
パッと花を咲かせるように、手を開きます。
メニュー画面が前からにゅるんと出てきます。
ぴやちゃんさんはコツを掴むまでちょっと時間がかかりました^^;

・Air Tap(エアタップ):
クリックの動作です!
人差し指を立てて、まっすぐ下に折るように倒す動作です。
マイクロソフトの公式動画だと軽い感じでやっていますが、
ぴやちゃんが体験した時はちょっと反応悪かったです・・・
その辺に浮いているウインドウを見ながらTapをすると選択できます。

・Tap and Hold(タップアンドホールド):
ドラッグやスクロールの動作です!
ホロレンズではオブジェクトをその辺にポイポイと設置することができるのですが、
その時もこの動作を使います。
たくさんのオブジェクトを掴んで移動させたり、置いたりできます!
(会場にたくさん犬のオブジェクトを置いてきたの私です)


(Youtube:チャンネル Microsoft HoloLens/ 動画 Microsoft HoloLens: Gesture Input より)

Windows10でおなじみの『Cortana』も呼び出しできましたぁぁぁ!!!
しかし!今は英語対応のみとのことです。
ネイティブな発音に自身がある方はぜひお試しください。

ぴやちゃんが試した時は、
会場の周りの音声もかなり拾っていて
叫ばないと聞き取ってくれませんでした(>_<)

2016年12月から予約販売が開始されていて、
販売価格は
開発者向け「Development Edition」 33万3800円(税込)
法人向け「Commercial Suite」 55万5800円(税込)
とのことです。

購入はもう少し我慢します(´・ω・ )


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です